元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ470件目 / 全1681件次へ »

センセイの作品

久しぶりにスペイン酒場の扉を開けると、
ずっと会いたいと思っていた森さんが、カウンターに鎮座していた。
すでに手元には、二合徳利が佇んでいる。
杯を口にしようとした姿勢で振り向いた森さんは言った。
「なんだか、随分と久しぶりにお会いしますね」

 

森さんはその昔、書いたものが本になっていた。
しかしその一冊っきりで、もう表舞台に出ることはなくなっていた。
松本清張が愛好したという、いにしえの小説ハウツー本など借りたりもした。

 

隣に座るや否や、オイラは怒濤のごとく北方謙三のような文体で、
件の村上春樹と三浦しおんと二流小説家の話を、
森さんの耳へ矢継ぎ早にハードボイルドしたのだった。

 

その話を聞いて森さんは言う。
「この世界はね、そういうものなのです。ブログだと思って油断してはいけません」
ニヤリと笑った森さんの顔が、なんだか不敵なカッパのようにみえてくる。
キュキュキュ、キュキュキュという、カワカミヒロミの小説みたいに笑い声まで聞こえた気がした。

 

スペインママによればこの森さん、今でも書いているという。
「この間なんかね、無理矢理原稿を読まされたんだから。
 でも、彼の文章って難しくってよくわからないのよ。きっと、つまんないんだわ」


そんな話を聞いていたオイラは、
だんだんと、このカッパセンセイを苛めてやりたいような気分になってきた。

 

オイラは文学上の意地悪な質問をいくつか、このカッパセンセイに投げかけてみた。
でも、ことごとく簡単にレシーブされた上に、ものすごいリターンが帰って来る。
「私は佐賀県出身でね。かつては地元に同郷の北方謙三を招いて、

 講演してもらったこともあるのですよ。

 まぁ、こういう話をするとキリがないからこの辺にして、もう歌いましょう」

 

その日のカッパセンセイは、絶好調なのだった。
聞いたことのない選曲だったが、どれもこれも声も歌詞も曲もすばらしく、
泉鏡花の小説のようにじんわりと胸に響いてくる。


オイラの脳裏には、伏見稲荷の幟(のぼり)がはためいている。

 

PS:このカッパセンセイの書いたという作品は、
      「薄明かりの村」という題名で、昭和42年の作品だという。
      今月の連休を使って、国会図書館へ行ってみようと思う。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    薄明かりの村
登録日時:2013/08/10(00:41)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。