元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ488件目 / 全1700件次へ »

期限切れアプリ開拓に思うこと

とあるライバル社の方法を採用して、良しとするのは間違っている。

たしかに何もしないよりはマシだが。

 

またその方法を採用するに辺り、どの程度の時間短縮効果があるのかテストしたのは賢明だったが、

しかしそのテスト期間は稚拙に短く、実態を掌握するに値しない。

つまり、採用した手法が秘めている欠点に気がついていないということだ。

 

最近は薬学部でもデータベースの講義を取り入れているところがあるが、

採用したデーターベスソフトがマイナーなものとなっており、実践に応用するには無理がある。

何故かといえば、土台となるデータベースは幾多もあるが、

それぞれにバグはつきものとなっており、

そのバグを早急に解決するには、

広くあまねく利用されているデータベースソフトの方が、

圧倒的に優位だからだ。

また、実践を学ぶのにも、関連書籍は豊富となっている。

 

そういう角度からみると、マイクロソフトの「Access」が最も有利なのだ。

しかもこのソフトウェアは、徐々にスケールアップする手法も兼ね備えており、

マイクロソフトDBエンジンを利用すれば、開発費用は激安となるし、

またAccessからSQLサーバーへ移行することも容易だ。

 

オイラは、堀川というその世界では有名な師匠に学んでいるから、

経験はまだまだ乏しいものの、概論だけは素人に負けない。

(もちろん、カブコムの斉藤社長にはかないませんので悪しからず)

 

最も、大きなパラダイムシフトを控えている現状では、開発にあまり無理もできない。

この点を考慮したのは、誠に賢明であった。

 

ところで、大きなパラダイムシフトがいつ実現するのかは、誰にもわからないのだが、

しかしそれが現実化したとしても、人の動きを無理なくスムーズに展開させるには、

オイラが試行錯誤している実地研究が別途、絶対に必要になってくる。

 

なので一見、本部命令に逆らうようではあるが、

オイラはオイラの道を究めるしかないので、解雇するならとっととして欲しい。

オイラはもう若くはなく、あまり時間がない。

 

オイラが期待しているのは、

7&i ホールディングスやイオンなど小売業界が一致協力して、

先の大きなパラダイムシフトを実現することにある。

システム開発資金の各社への分散化、瞬時に終わる棚卸し、万引き防止機能、期限切れチェック機能。

 

世界の何処よりもそれを早く実現できたら、素晴らしい。

 

PS:アマゾンが開発した、場所に絡んだアプリケーション技術も融合したいものだ。

登録日時:2013/08/13(02:31)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。