収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
54
注目度
49

WEBさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ116件目 / 全204件次へ »
ブログ

最近の相場

日経平均ではらみ線を出したと思ったら、そこから上昇相場ですか。
ファンダメンタル的にも配当目的による買いが結構入ってそうです。

個人的にはまだまだアメリカのサブプライムは完全に解決しておらず、一部ではアメリカはリセッション入りしたと報じていますが、政府が順次市場に資金を投じているのを考慮するとそこまで悲観する感じでもなさそうです。
あと問題となるのが日本自身の政治に対する懸念だと思います。内閣支持率は24.7%。日銀総裁空席の非は民主より自民のほうが風当たりが強かったです。これは強烈なマイナス材料です。しかし支持率低下はガソリン税の暫定税率期限切れの可能性に寄与してくると思います。個人的にはほぼ確実に期限切れになると思っています。これは企業にとっても消費者にとっても嬉しい収入源(出費の軽減)になるでしょう。

あと強烈なプラス材料は原油安。理由は(調べてないので)わかりませんが、かなりのプラス材料。3月の決算地獄が終わりに近づき、トータルで見てもファンダメンタル的にもテクニカル的にもどうやらいい雰囲気です。

負の連鎖で下がった場合、上昇も連鎖解除で大きく上げる公算が高いと思いますので、個人的には今のNK12750くらいならまだまだ安値と見ています。さて、今週はどうなっていくことやら。


余談:
PC壊れました。
外付けHDで必要最低限のデータを残しておいたので助かりました。これもある意味「一つのカゴに卵を盛るな」の株格言の通りですね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

3件のコメントがあります
  • イメージ
    hinatayama49さん (対象外)
    2008/03/25(18:22)
    WEBさんこんにちは。
    私もボチボチ動き出しました。
    今年の方針で決めたことが2つあります。
    1 株に投入できる資金の1/2で自社株を購入しました。
      1年から3年くらいで大きく上がったときに少しずつ売り抜けます。かなりの下値で購入できたと思っています。

    2 残り資金のさらに半分は余裕資金として残しておきます。
      
    ですから実際に売買に当てる資金はかなり小額になってしまいますが、「これは勝負できる」という局面で残り1/4を出動させます。

    この半年の教訓として、も少し資金があればということが何度かありました。
    なんにつけ余裕資金は必要だと実感しました。
  • イメージ
    WEBさん (対象外)
    2008/03/25(22:15)
    hinatayama49さん,こんばんは。

    私も同感です。出来るだけ購入資金は1/2以下にしてます。FXなら1/20くらいです。
    PCが壊れていたので、携帯取引は出来ましたが、買うと判断するに値する情報が入ってこなかったので、今日情報仕入れて「買い」で入りました。出動がかなり遅かったですけど、まだまだNK12750なら悪くない数値だと思います。

    ちなみに私の参考書には「損切りは大切」と書いてありましたが、バフェットさんは損切りなど必要ないと申しております。それは「自分の投資方法に自信があって、投資した会社の株価はいつかは絶対上がると確信している人ならば、どこまででもナンピン買い出来るから」だそうです。
    つまり、自分の投資に自信があるバフェットさんでも買った瞬間に上がるわけではなく、しばらく下げることもあるので、そうなったときに「自分の投資方法に自信がない人」は損切りでいいですが、「これだ!」という会社ならば余裕資金を持っておいて下がったところでナンピン買い出来るってわけですね。

    私もずっと12月から傍観してきて、何気によくわからない相場になったりすることもありましたが、直近の相場展開は読めてきました。あとは今月のバーナンキ発言での急落のような危険信号にさえ気を付けていれば大丈夫かもしれません。
  • イメージ
    hinatayama49さん (対象外)
    2008/03/25(22:32)
    WEBさんありがとうございます。
    バフェットさんほどの自信があっての自社株ではないと思います。
    入社以来40年、私と家族を養ってくれた恩義があります。
    それ以上に絶対的な信頼感があります。
    今現在最低水準の株価だと思っていますが、もしもっと下げたとしても冷静に見ていられる立場に居ます。
    事業規模、資産内容、事業内容等すべてにおいてじっくり信頼できることを40年間見続けてきました。
    株を通じてもう少しお世話になります。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。