元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ643件目 / 全1667件次へ »

20年ぶりの怪異(リアップX5?)

7/12も相変わらず店頭にて接客をしていると、

年配の男性に質問を受けた。

 

「止血剤の入った塗り薬はないだろうか?

 実は心筋梗塞が元で現在ワーファリンを服用しているから、

 いったん出血すると血が止まりにくくって困っているのです」

 

「はぁ・・・、病院だとボスミンを処方されるのですが、残念ながら市販されておらず、

 目薬や痔の薬には血管収縮成分の入ったものはありますが、塗り薬には・・・。

 いえ、私が勉強不足なだけかもしれませんが。

 あー、そういえば、マッキンZという消毒薬にはナファゾリンという止血成分が入っていますよ」

 

「うんうん、それがイイね!

 ところであなた、どこかであったことがない? 出身はどこ?」

 

「はぁ、●×ですが」

「アハハ、やっぱり、私はそこで・・・」

「あー、有機合成化学を教えていた教授ですか?」

「そーそー、実はこの近所に住んでいて・・・etc」

 

不思議なもので、この一時間前にも実は同業であった男性から、

「あなたの出身はどこ?」

と訊かれており、

「同業の方とは知らず、余計なことを申し上げて失礼いたしました」

などという流れになったのであった。

 

同業であっても、小売店によってPB含めると品ぞろえが違うので、

別に失礼でもないだろうが、

二人に共通していたのは、伴に

「あなたの接遇姿勢は、なかなかどうして好ましい」

などと、お誉めの言葉を戴いた次第。

 

本当は、ただの酒乱なのに。

でも、お客様に好かれるのも、なかなか気分がイイものだ。

 

実はオイラのしていることはネコと同じで、

足音を忍ばせて人に近づき、

ゴロニャン(いらっしゃいませ。お探しですか?)

などと鳴いているにすぎないのであった。

 

ほとんど売ろうという姿勢も忍ばせるし、

人懐っこいので好かれているのだろう。

それも地でそーなっているので、まるで苦にならない。

しかも、最終的に店舗の数字に結果が表れてしまうという。

 

ひとたらしと言われている義経公や秀吉公からの、

そして商売の神様という伏見稲荷大社からの、

これも御利益なのであろうか???

 

PS:年月は経っているし、オイラの髪型も大きく変化しているというのに、

   どうして教授にはオイラの顔がわかったのだろうか???

   いやいや、ひょっとしたらリアップX5がと~と~効果を発揮して、

   オイラの髪が増えて学生の頃に若返っていたのだろうか(謎)

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    リアップX5
登録日時:2012/07/13(00:43)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2012/07/13(01:58)
    またきたよ

    あがっていい


    私ね 前に いいましたね 運を招くうんぬん


    学生は先生覚えていても


    先生が学生それも10ねんは 卒業して 過ぎてますよね


    成績が優秀過ぎると 先生嫉妬から、おぼえますが


    必ず学生をおぼえまていますが


    自身ありますか


    無いよね


    なんだと 思いますか

    相手が知らないうちに

    あなたを 思い出したんです


    何で


    今日の二人 近いうちに また来ます


    相手の家にいくつもりで 良くしたら ドラッグストアーなら 販促品ありますね


    悪いけど お茶いただける。


    販促品沢山 あげる


    前に 言いましたね 1割は配れと


    販促のおかげで 株かな!


    よいはなし あなたに、よいはなし があるね


    株をしていることは 人に話しては いけません

    もっと 自分に自身を持ち 今より 相手に 親切に


    忘れないでね

    自分は人を幸せにするために、生まれたこと
  •  通報する

    2012/07/14(01:49)

    オイラは学校へほとんど行かず、

    追試だけで卒業したという、

     

    仲のよかった微生物教室の助手からは、

    「君ほど遊んでいる学生は、みたことがない」

    などと、それはそれは最高の誉め言葉をもらったこともあるくらい、

     

    どーしようもない学生だったので、

    どうして教授がオイラのことを思い出したのか、

    見当もつかないのでした。

     

    卒論も、時間をかけて実験するのが嫌だったので、

    さらに時間をかけるという発想によって、

    某たんぱく質の酵素による分解実験を、

    オートメーション化してしまい、

    (夕方に重役出勤して実験を始め、明くる昼ごろに分離終了、あとは測定)

     

    遊ぶための時間を捻出するような学生だったのです。

     

    しかも妄想力が抜群だったので、

    実験結果を元にストーリーを描き、

    先輩からは「お前は小説家なのか?」と言われたほどです。

     

    この妄想力を商売に生かすには、

    あと少しきっかけが必要な気がしています。

    ひょっとして、詐欺師の才能があるかもしれません。

     

    そういえば、「スティング」という映画をみると、

    血が騒ぐかのような気分の高揚を覚えます。

    本能には、逆らえないのでしょう。

    (気をつけないと、人を不幸にしてしまいそう・・・)

  •  通報する

    2012/07/16(01:53)



    げんきなの


    寝たかな


    起きてら


    メッセージでコンタクトして


    酒用意してね

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。