天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1731件目 / 全3483件次へ »

投資部門別売買状況(2011年12月2週)

前週末のEU首脳会議でのEU基本条約改正の協議は英国の反対で決裂しましたが、月曜日はイベント通過で反発したものの、その後は買い上がる材料はなく下落基調。週中にイタリア国債の利回りが急騰するとリスク回避の売りが加速、特に新興国の下げが顕著で上海市場が連日の年初来安値更新を続けていた12月2週(12/12~12/16)のデータです。

【東証一部】(日経平均株価 12/9:8536.46→12/16:8401.32)

証自(20%)  買;9423億      売;9752億      差引;-328億
法人(9%)    買;4999億      売;4018億      差引;+981億
個人(16%)  買;8336億      売;7527億      差引;+810億
外人(53%)  買;2兆4898億 売;2兆6422億 差引;-1524億
証委(2%)    買;754億        売;717億       差引;+37億
合計(100%) 買;5兆8106億 売;5兆8089億 差引;+17億

【ジャスダック】(ジャスダック指数 12/9:1163.45→12/16:1169.29)

証自(7%)   買;59億       売;58億    差引;+1億
法人(8%)   買;82億       売;44億    差引;+38億
個人(53%) 買;430億     売;432億   差引;-2億
外人(26%) 買;193億     売;231億   差引;-38億
証委(5%)   買;44億       売;42億    差引;+2億
合計(100%) 買;807億    売;806億  差引;+1億

まずは東証一部。証券会社が早々に売り越しに転じ、外人は2週連続の売り越し。一方で、個人と法人は買い継続で、再び大人勢の売りVS子供勢の買いという形になりました。11月末でトレンドが変わったかなと思ったんですが、この売買状況を見る限りは、どうもまだみたいですね。

続いてジャスダック。こちらは法人が大幅買い越し、外人が大幅売り越し。証券会社と個人はあまり動きなし。こちらは、外人が売り越した割には指数が上がっており、未だに売買動向と指数の関係が分かりません(^^;
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/12/24(19:19)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。