収益性
82
活発度
52
人気度
57
収益量
60
投稿量
73
注目度
77

あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ502件目 / 全1095件次へ »
ブログ

ロングセラーに思いを馳せて 3

はい、前回↓の続き、ロングセラーを巡る年代旅行。
http://minkabu.jp/blog/show/387489

このまま真面目に行けば、三泊四日になりそうだ(汗)
  
・二日目は1930年~50年
グリコ・ビスコ、
ヤクルト(容器はこけしがモチーフ)、
サントリー ウィスキー角瓶、
そしてセメダインが30年代。
  
セメダイン誕生の1938年を境に、ぱったりとロングセラー商品がなくなります。
そう、1939年から第二次世界大戦が勃発  
 戦争で科学技術が発展するなんていった奴は誰だ!
 少なくとも国民に愛されるロングセラーはないぞ。(※1)
そして、太平洋戦争が終結した1945年にようやくカネヨのレモン石鹸が登場。
  
ホッピーとセロテープは共に1948年。琥珀色の同い年?
  
・まだまだ続くよ1911年~30年
キリンレモンは1928年。
虫刺されのムヒSは1927年。
  
ブルドック ウスターソース
明治 ミルクチョコレートの栗色組は、1926年生まれ。
ボンタンアメも1926年…おしい、栗色組に入れない!
  
キユーピー マヨネーズ、雪印 北海道バターの
クリーム色コンビは1925年組。
  
輪ゴムのオーバンドは1923年。
グリコのおかしは1922年
(おまけが付いたのは1927年からだそうな)
  
子供が大好きカルピスと大人のトリス ウィスキーは1919年。
(ちなみにカルピスの水玉は天の川をイメージしているそうな 
森永ミルクチョコレート1918年。
  
チチヤス ヨーグルトは1917年
(なんと大正時代。このヨーグルトって、こんなに古かったんだ…!)
宝酒造の宝焼酎と松竹梅は1912年。
  

いや、長いのでさらに日記を分けるしかない…(汗)
(このクソ長いロングセラーへの他愛無いコメントに、
 付き合ってくれる方がいるのか若干疑問を感じつつ、

 次回↓に続く)

http://minkabu.jp/blog/show/388191
  

※1:補記的蛇足
 確かに、コンピュータ、GPS、インターネットなど、軍事目的から生まれて
 私たちの生活になくてはならない物は色々あります。
 しかし、戦争・軍事需要にエネルギーを使い、
 その代償に発展が遅れた分野も多くあるのではないでしょうか。
 もちろん、禍福は糾える縄の如く、一面で判断するのは不十分ですが。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。