収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
57

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1322件目 / 全1494件次へ »

日銀、白川総裁の居直り?会見(独立性と独裁の混同)

(副題)ハイパーインフレを恐れる愚。それは極めて特殊で現代日本に該当せず。

 

 日銀総裁、会見にて金融緩和不足批判に反論。 日銀の通貨供給規模はGDP比で大きいとのこと。

 それを続けるか否かが問題なんですが、、、。

 

 リーマンショック以降、バブル崩壊震源地でもない日本が一番物価上昇率が低くて(デフレで)、一番景気低迷で、一番通貨高が進行していること、そして、今もその状況が変わらないこと、、これこそ日銀の金融緩和が不十分な何よりの証です。

 リーマンショック以降、200行近い金融機関が破綻し、五大投資銀行のうち、まともに生き残ったのが一行しかない米国のほうが景気も回復し、成長率も高いのは何故なのでしょうか?  

 

 緩和しても、それが継続しなければ何の意味もないのです。 ここ20年、日銀はこの繰り返しである。

 確かに日本でも過去、終戦直後にハイパーインフレがありました。 しかし、ハイパーインフレは野放図な紙幣増刷と、生産手段の壊滅的破壊があって始めて起きるもの。 日本においては、軍部独裁、インフレターゲットを意識しない軍部の野放図な戦費調達(紙幣増刷)、第二次大戦という巨大戦争、そして戦争による生産手段(工場など)の壊滅的破壊、という4つの特殊要因が重なって起きたのです。

 この極めて特殊な事例を基にインフレを恐れる日銀はおバカです。 おバカな子に金融政策を100%(中銀独立不可侵)委ねてはいけない、、、(--;

 

 中銀の独立不可侵は、有権者の福利に対する成果が出てこそ保障されるものです。 そうでなければ中銀幹部のクビのすげ替えは当然ありです。 でなければ、民主主義でなく、日銀による独裁政治になってしまう。

 

 その一方で、財政政策を主導すべき財務省(=有権者の審判を受けない官僚機構)が、金融政策にまで大きな影響を及ぼしている状況もあります(政治主導の欠如)、、、これも民主主義の危機であり、自由経済の危機であり、日本経済を低迷させる大きな原因です。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/09/10(00:43)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2011/09/10(01:19)
    ほんとですね、今回の震災の復興債の20兆を日銀がひきうければ一挙両得なんですがねぇ~増税とデフレでは日本沈没してしまいます
  •  通報する

    2011/09/10(01:48)

    どうもです。

     

    日本は沈没しても、日本企業は必ずしも沈没しないでしょうね。 それが日本企業と呼べるか否かは別として、、、

  •  通報する

    2011/09/10(15:56)

    僕だったら給料貰うのが恥ずかしくなります。それにしても以前の会見でも今のデフレは日銀には責任はないなんて平気でいっちゃう人達ですからね。

  •  通報する

    2011/09/10(23:24)

    どうもです。

     日銀幹部の給料は高いようですね。

     日本で一番ダメな仕事をして、一番高い給料をもらっている方々かも知れません。

     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。