jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1324件目 / 全1494件次へ »

民主党政権継続は復興にマイナス、、あと2年続いたら危険

(副題)左傾化はデフレ、右傾化はハイパーインフレ。どちらも官僚統制経済(反自由経済)で反民主主義。 経済破綻、最大不幸社会への道。

 

 増税+円高政策。

 民主党政権があと2年続いたら危険。

 

 被災地復興のためにも経済立て直し、早急な民主党政権打倒が必要。

 

 全体に左傾化しつつあるマスコミ、官僚(特に財務官僚)をこのまま放置しては、日本経済沈没。

 小泉政権退陣後の状況は、マスコミ、官僚(特に外務官僚)が軍国主義化して、軍部台頭を招いた過去に類似。 右のときはハイパーインフレ、左の今は長期デフレで経済沈没。

 

 右か左かの違いはありますが、どちらも反自由経済(官僚統制経済)、反民主主義、反合理主義(カルト的情緒的)であることに変わりはない。 違うのは、右翼は個人の独裁を指向し、左翼は党による独裁を指向しているところだけ。 共に独裁指向、大政翼賛指向なのは変わらない。

 

 左翼は自称リベラル、自称民主勢力だが、自分たちに都合の悪い情報公開への後ろ向き姿勢は、右と何ら変わりない。 国会での議論軽視の強引な採決も右と変わらず。 左翼にとっての民主とは同志の間のみの民主である。 実はそれすら怪しい。 バラ色のデマで誤魔化す左翼は、右翼よりももっと悪質。 大声で喚き、大勢を作出する狡猾さも併せ持つ。 誤魔化されないためには、大勢迎合せず、自分の頭で考えることです。 大勢がおバカの場合、大勢迎合は悲劇的結末を迎える。  

 

 

 問題は谷垣総裁、石原伸晃、、、彼らが自民幹部でいる間は財務省野放しで、実質、民主党援護射撃だろうなあ。

 

(補足)

 左傾化の原因は、中国の過剰通貨安固定政策による企業の中国シフト、国内経済空洞化による賃金低迷・失業増大、中間労働者の没落です。

 怒れる中間労働者、自分たちの没落原因を理解してない中間労働者が、日本、米国においては左傾化を招き、欧州においては右傾化を招いている。

 左、右、どちらの路線でも自由経済路線からの乖離、官僚統制経済路線へのシフト、大きな政府化、官僚天国化ですから、問題解決は進まない。 

 

(補足)

 反自由経済(官僚統制経済)では経済は停滞し、民力は低下する。 民主主義は後退する。

 民主主義と自由経済は表裏一体なのです。

 民主(主義)のないところに自由(経済)はなく、自由(経済)のないところでは民主(主義)が育たない 。

 一方、反自由経済(官僚統制経済)では、経済が最終的に崩壊・凋落することは、左翼化したソ連(長期デフレ)、かつての英国(同左)、かつての北欧(同左)や、右傾化した軍部独裁の日本(ハイパーインフレ)、軍部専横の第一次大戦前のドイツ(同左)の事例を見れば明らか。

 官僚統制経済と左翼・右翼(反民主主義)も表裏一体。 右翼と左翼の違いは個人の独裁か、党の独裁か、の違いでしかない。 左翼は党の独裁を、民主集中、リベラルと誤魔化すので、右翼よりも悪質。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/09/03(06:56)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。