収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ818件目 / 全1732件次へ »
ブログ

瀧夜叉姫

いやぁ、まいった。

 

先日、高田氏の「御霊将門」を読んで平将門公のにわか知識を持ったので、

フラフラといきつけの書店を巡った折、

ふと夢枕獏氏の陰陽師のコーナーに行ったら、

この「瀧夜叉姫」があったのだった。

 

瀧夜叉姫は、平将門公の娘ということなので、

自然に腕が伸び読んでみた。

夢枕獏氏には珍しい、長編もの。

 

中でも、平将門と一騎打ちをする俵藤太(藤原秀郷)の描写が粋であり、

朝廷より平将門討伐の命を受けた折、

吐いたセリフが心憎い。

 

**********************************************

「そもそも、こたびのことは、都が東国を支配しすぎたことにその因がござります。

 重い税を課し、それを厳しく取り立てました。そのことに、民も怒っているのです。

 いくら将門どのが乱を起こそうとも、民がそれを後ろから押さねば成るものではありませぬ。

 このたび将門どのが乱によって東国八州を手にしたというのは、

 民がそれを味方したからでありましょう」

 

 藤太は、日頃思っていることを口にした。

 

「できることなら、弓、太刀を引っ下げて、将門どのの軍にわたしも加わりたいくらいでござります」

**********************************************

 

平素の短編ものと違って、伏線も多いし、まどうくらい忙しいシナリオなのがちと難なのだが、

上下巻とも、あっという間に読破せざるを得ない面白みに満ちている。

そして、例の如くおどろおどろしい鬼たちの描写に、この夏の暑さを忘れること請け合いだ。

 

★「陰陽師 瀧夜叉姫 上・下」

  夢枕獏著 文春文庫 各629円+税 

 

PS:先の引用文、都=米国、東国=日本と置き換えて読むと、泣けてくるが・・・。

   そうそう、重い税=米国債だってばw

   そのように読むことができるなら、将門公=ケンシロウになるのであった。

 

   以上、Q.E.D.(証明終わり)

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。