証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

景気二番底の可能性は低い。

 景気二番底の可能性は低いと思う。

 欧米とも、格付け、世論の圧力で、財政政策は絞り気味になる反面、金融政策には積極的になるだろうから。 金融政策も控えめになれば景気二番底に陥るが、その可能性は極めて低い。

 

 リーマンショック再来を煽る向きもあるが、各国政府間で流動性対策が構築済みである。 しかも、現在の危機はソブリン債絡みで、透明性が高い。 エキゾチック市場発のリーマンショック時とは状況が違う。 急激な暴落は起こりにくいです。

 

 日本のように、財政政策と金融政策のアンバランス(財政政策>>金融政策。財政出動をガンガンにやりつつ、金融政策は諸外国比で絞りまくり)が長期に続けば、時間の経過とともに債務が膨張し(不良債権増大)、欧米も「失われた10年」となりうる。 しかし、今の欧米に、財政政策と金融政策のアンバランスは見られない。 素人(財務省)がマクロ経済政策を主導する国ではないのです。 欧州も、PIIGSだけ見れば債務膨張にも見えるが、その裏返しとしてドイツのバブリー景気もある。

 

 自分的には、むしろ、米国住宅市場のリフレ不足のほうが気になります。 QE3希望。 中国の通貨安固定政策が変わらない以上、中国における技術向上が賃金上昇効果を打ち消している以上(=つまり実力以下の通貨安)、先進国中銀はデフレファイターであるべきなのです。 今はインフレよりデフレを恐れる局面。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/08/07(21:09)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+14.6%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

76.8 23.2
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,332.93

▲ +57.94

TOPIX

1,474.14

▲ +7.18

JASDAQ総合指数

118.73

▲ +0.26

米ドル/円

113.76

▼ -0.10

ユーロ/円

122.31

▼ -0.25

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ