元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ773件目 / 全1667件次へ »

脚気論争と放射能論争

明治時代、日本は脚気論争に沸いていた。

 

何しろ当時、脚気の原因が何なのか、皆目不明だったという。。

1 伝染病説、 2 中毒説 3 栄養障害説

しかも、脚気の人間は、ある日突然に他界してしまうのだった。

どうやら心不全を起こしていたらしい。

戦闘での死亡者より、脚気で死んでいたものの方がはるかに多かったと。

 

オマケにこの問題には、陸軍と海軍とのメンツ争いも手伝っていたから複雑だ。

 

白米オンリーの食事をとっていた日本軍には、脚気が多発していたが、

パン食や玄米・麦食をとっていた、欧米やアジア諸国には脚気の多発がなかった。

このことから、明治天皇を始め、何人かの識者は白米オンリー食が問題だろうと気づいていたそうだ。

しかも、海軍が麦食を取り入れ、脚気の激減に成功。

 

しかし、当時の軍医であった森林太郎(鴎外)が主だって、白米食にこだわった。

 

☆麦食派 明治天皇、海軍、陸軍の一部

☆白米派 森林太郎、陸軍の大半、東大医学部

 

そんなこんなでコジレテいるうちに、

明治33~昭和10年まで、毎年1~2万人推移で、脚気で他界する人多数という状態。

皮肉にも昭和14年、食糧難によって白米の供給がままならず、

七部づき米・玄米になってから脚気が改善しだし、

 

最終的に、ビタミンB1の合成によって、脚気は更に激減した。

そして平成元年、脚気で死亡した人は、たったの5人なのであった。

 

★「病気の近代史」

  秦郁彦著 文藝春秋 1,762円+税 2011.5.25第一刷

  第二章 脚気論争と森鴎外

 

*****************************************

なにやら、現代の放射能論争と状況が似ている。

何が本当なのか、今のところ誰にもわからない。

 

広島・長崎のデータや、チェルノブイリのデータを下敷きにして

安全だという学者もいれば、

 

そうしたデータ自体がそもそも捏造されているのであって、

お話にならないほど実は危険なのだという学者もいる。

 

はたまたR・コシミズ氏のように、

3.11が海底核爆発による人工地震なのであるから、

福島原発は元々安全なのであり、

放射線汚染水を海底に捨てたのは、地下核爆発の放射能をマスクするためだという説もある。

 

何が本当なのか、誰にもわからない。。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/07/11(00:48)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。