元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ774件目 / 全1667件次へ »

大昔の外科医だったら、嗚呼なれたのに

確実な麻酔法がなかった頃のエピソード

 

★首を絞めて、失神してから手術した

★白熱した焼きごてをガンの患部に押しつけ、悲鳴と伴にショック死させた

★雪上に横たえ感覚を麻痺させた後に四肢を切断した

 

1881年、胃の全摘出に初めて成功したウイーン大学・ビルロート医師の言葉

「外科医として大成するには屍の山を築かねばならぬ」

 

この後、ビルロートより80年も早く、

マンダラゲ(曼荼羅華)とヤマトリカブトを利用し開発した麻酔薬(麻沸散)で

乳がん手術をした華岡青洲の話が続く。

 

★「病気の日本近代史」

  秦郁彦著 文藝春秋 1,762円+税

  第一章 黎明期の外科手術

 

めちゃめちゃ面白い本に遭遇してしまった。

血わき肉躍るとはこういうことかも知れない。

 

参考書籍や文献もしっかりと記録されており、

かっぱえびせんのように次の書籍に触手が伸びるだろう。

 

秦氏の専門は、政治史・軍事史だという。

今回、医学史に初めて挑戦すると。

秦氏の書籍を初めて読むのだが、

彼の書いた書籍は、どれも面白そうなものばかりだ。

 

大きな勝負を市場に挑む時、

麻酔薬があればいいのに・・・とは思うのだが、

そのかわり酒があるので、まっいいか♪

 

PS:肝臓のために、ナンパオを半額でたくさん買っておきましょうw

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/07/09(04:01)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2011/07/09(08:39)
    元祖SHINSHINさん

    おはようございます。。。

    =「外科医として大成するには屍の山を築かねばならぬ」=ですか。。
    まだ、【屍】と認識しているという事は、
    まともな精神を堅持していたのでしょう。。。

    そのうち、中には、現在では、【屍ではなく、単なる、物質・物体】
    または、研究材料と認識している人も多いような気もしたりして。。。

    華岡青洲は、和歌山の人ですが。。。
    =実母の於継と妻の加恵が実験台になることを申し出て、数回にわたる人体実験の末、於継の死・加恵の失明という大きな犠牲の上に、全身麻酔薬「通仙散」(別名「麻沸散(まふつさん)」)を完成。=ですからね。。。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%B2%A1%E9%9D%92%E6%B4%B2

    どちらが、=凄惨な現場=なのか、判断に苦しみますが。。。

    どちらも、【ギリギリの中で正しく、生きていた!!!】という事は
    言えるのかもしれません。。。
  •  通報する

    2011/07/09(10:09)
    昔ならそれで、すんだかもしれにゃいけど、今だったら、殺人罪、傷害罪、医療ミスで訴えられているね。^^;
  •  通報する

    2011/07/09(22:36)

    権左衛門さん、こんばんは。

     

    仰せの通り、いつの時代でも何が正義なのか難しいところですね。

    己の偽りのない心に問いただして、

    それでも魂(これが内在神なのかも)が行けというのなら、

    従うしかないのかも知れませんね。

     

    それと、731部隊の書籍など読むと、

    時代によっては、こうまでも人間の心が荒むのかという想いがします。

     

    nyajyaraネコさん、こんばんは。

     

    しかし軍事兵器から民間転用されることがあるように、

    何が本当の悪なのかも、

    何が本当の正義なのかという命題と同じく、

    二面性があって複雑なような気がします。

     

    どうしても一回は通らなくてはならない悪の道が、

    この世には存在するようです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。