収益性
65
活発度
0
人気度
52
収益量
92
投稿量
56
注目度
51

ぽーのすけさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ137件目 / 全149件次へ »
ブログ

セブン銀行 上場!

『セブン銀、ジャスダックへ 2月にも株式上場』
そのうち、そのうちと うわさされていたセブンがいよいよ上場ということで、食指が ☆☆☆。
でも、今が今なので、市場相場をみながら上がってくるのでしょう。

※でも、やはりジャスダックなんですね・・・。
10件のコメントがあります
  • イメージ
    いいんじゃないですか。応援します。金融株なので7Iとは別なんですね。グループは一緒ですが。外部環境に惑わされなければいいのですが。業界のリーディんグです。
  • イメージ
    注目IPOだと強く思って、期待大です。
  • イメージ
    7IYグループは絶対失敗しません。戦術、戦略は巧みですよ。7Iを様子みて買い増ししよう。
  • イメージ
    freenoteさん (18.77point)
    2008/01/06(20:45)
    ぼーのすけさん。はじめまして。freenoteと申します。

    私も、セブン銀行は応援したいのですが、気になる点が・・・。セブン銀行は、確か、ATMの手数料を生業にしていると思うのですが、これから大手の銀行はATM手数料無料化が流れのように思います。私の利用している某地方銀行でさえ、昨年12月から、セブン銀行端末の手数料が無料になりました。この先、セブン銀行はどこから収益を上げるのでしょうかねー?
  • イメージ
    ATMの利用1回ごとに、約170円の「売り上げ」が入るようです。セブン銀行の「売り上げ」は、利用者が払う手数料ではなく、使われるたびに提携先から受け取る利用料で、2007年度は800億円を超える勢いだそうです。
    年延べ5億人利用とか。セブン―イレブンの店内にほぼ集中してATMを置き、36都道府県で約1万2600台。提携カードはメガバンク、地方銀行から、信用金庫、クレジットカード会社まで550を超えているそうです。
    地域の「インフラ」としての信用力をつけてきたことが、背景の一つ。 さらに、不良債権処理に追われた銀行業界の変化も、セブン銀行には追い風になった。コスト削減を急ぐ既存銀行は、不採算の支店やATMを撤収。その分の利用者サービスを補おうと、セブン銀行と提携しているとのこと。

    銀行商品ラインナップとしては、特に目立ったところはないのですが・・・。
  • イメージ
    始めまして。収益の件ですが、推定ですが、無料化の流れになっても、個々の銀行との契約の中で利用者には無料化になってもその分の手数料はバックで戻ることになるはずです。企業ですから。銀行の負担は増えるでしょうね。その辺のシュミレーションもできているはずです。
  • イメージ
    freenoteさん (18.77point)
    2008/01/06(22:17)
    ぼーのすけさま。こんばんは。

     私の幼稚な疑問に、詳しいご返答をいただき、ありがとうございます。なるほど、そういう構造で、セブン銀行は生業をしているのですね。(よくできた収益モデルですねー)

     ただ、私が読んだある雑誌の記事では、「既存のセブンイレブン店舗へのATM設置はほぼ完了したことから、今後の成長戦略をどう描くのかが課題」ともありました。確かに、ATM数は、そのままで、提携先数を増やすということは考えられますが、一部の機関投資家は、それだけでは納得しないようです。

     但し、私の個人的なイメージでは、セブン銀行のIPOは買いだと思っています。理路整然とした説明はできませんが、悪しからず・・・。(*^^)v
  • イメージ
    こんばんは。コメントありがとうございます。

    >ぽち太郎さん
     ご意見ありがとうございます。まさに基盤をいかしたフィービジネスの展開といったところですね。

    >freenoteさん
     確かに、次の成長戦略が見えませんね。今のところ、フィ ービジネスおよび決済用、流通用口座としての価値は十分 見出せますが、そのほかの銀行機能・商品としての魅力・
     強みがいまいち見えませんよね。
     これからの戦略なのでしょうか?(たぶん、いろいろ練られ
     ているのでしょう。)
     私も、freenoteさんと同じく買い(当然7Iも)だと思っ
     てます。(抽選に当たらないとだめですが・・・)
     
  • イメージ
    今後の7.11の出店は今の2倍を計画しています。全国東北含めて未の県がまだまだ有ります。店舗だけではなく、駅、ビル、サービスエリア、マンション、山の中(極端ですが)その地域のドミナントで30から50店近くの集中的に出店します。最後の日本での生き残りをかけているのです。NO1はNO1であるために。それには人材が足らないのです。いないのです。レベルに会う人が。これがいまの問題点です。60歳からの店長候補、バイトには15分単位の現金支給など色々策は練っていますが、難しそうです。でもやるでしょう。世界の7,11ですから。2月のIPOは1社だけです。振興市場の台風の芽になりますよ。
  • イメージ
    本当に期待大ですよね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。