元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ935件目 / 全1681件次へ »

「安売り競争に走るのは愚の骨頂だぁ!」

「かんなで気を削るが如きコスト削減は意味がない」
「たった三つの規制緩和が無限の富を生む」

やっと少しばかり時間が空いたので、
こんのクソ熱い中、茫々になった庭をちゃっちゃと綺麗にしてから、
むさぼるように一気読みした。

「民の見えざる手 ~デフレ不況時代の新・国富論」
 大前健一著 小学館 1,500円+税 2010.7.19第一刷

大前さんのように、実績を色々と積んでいて自信のある人の著作を読むと、
披露される数々のアイディアが素直に面白いと思える。

勿論、彼はかなりな自信家すぎる面もあろうから、
ややもすると割り引いて読まないといけない部分もあるだろうが、
新しい視点を学べるという意味で、
オイラのような実績も自信も足りない人間にはプラス面が多い。

また、彼は海外に対する視点が非常に長けているので、
相場を考える点で参考になることも多い。
今回の書籍では、特に韓国について詳しく書いてある。
(別な書籍では、特にブッシュ政権時代の変質ぶりも描いてみせている)

また国内内需面では、競合するだろう業界に対する視点も
かなり踏み込んで知見が述べられているのも有益だ。
(有名企業トップも、彼の辛らつな意見の俎上にあがっていた)

過去にも何冊か彼の書籍を読んでみたが、
どれも非常に多面的な考察が元になっており、
落ち込んだ気分もワクワクしてきてかなり楽しい内容だ。
前向きな気持ちがわいてくる本といえる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/09/01(20:27)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。