映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ445件目 / 全1047件次へ »

大台を守れるか

12日の日経平均は9212.59(-80.26) 雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナス2σ 9202の近辺、MACD RCIは下降で、目先は下げの勢いがきつい。年初来安値を一時更新。11月の安値も一時きっている。週足も基準線、転換線の下で下降基調。雲の下限9001の攻防になっている。週足ボリンジャーはマイナスσ9373を大きく割りこんで、バンドが狭まっているが、RCIはなお底打ちしており、どちらに転換するのか、見極めが必要になっている。昨年の7月、11月と今年の7月と9000円台をなんとか守ってきたのでかなり堅い岩盤になっているようだが、今回も守り抜けるかどうか。 

ダウは10319.95(-58.88)転換線の下、雲の中を下げており、基準線10228の上、ボリンジャーはTP10421を割り込んできており、MACD RCIは下降。週足も週足基準線10436を割り込んできており、まだ転換線10167、雲の上限の上を維持、週足ボリンジャーもTP10228上、MACDRCIはなお上昇しており、こちらは中期はまだはっきりと下落に転換してはいないが、かなり怪しくなってきている。

ドル円は85.90少し反発しているが雲、基準線、転換線85.82の下であるものの、ボリンジャーはマイナスσ85.85の上に戻し、MACD RCIはやや底打ちしているようにみえる。

ダウは失業保険申請件数の増加や、企業業績の先行き懸念が広がって続落。円高への動きは、政府の口先介入の効果か、わずかにドルが買い戻されているが、円高のトレンドは変わっていない。日経平均は、9000円の大きな節目をめぐる攻防になっているが、為替がさらに円高にふれれば、守ることは困難だろう。円高トレンドが止まってくれることを期待したいが、まだ下げ止まる兆候ははっきりみえてこない。アメリカの10年もの国債の金利が依然下落トレンドにあるため、苦しい。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/08/13(07:19)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。