元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1022件目 / 全1693件次へ »

暗号:シラス丼

前から気になっていた、行きつけの中華屋さんのメニュー。
シラス黒酢チャーハンなど、シラスと黒酢に拘っているのはわかっていたが、
どうして中華屋さんに(釜揚げ)シラス丼なのか?
果たしてうまいのか?
ご飯は酢飯なのか?

その店のおかみさんが、うちの店に買い物に来てくれたときに
そうした疑問をぶつけてみた。

「卵とポン酢で味付けしていて・・・」
「卵とポン酢???」
「ふふふっ」

というわけで、翌日に食してみた。
みそ汁と漬物、それにドンブリ山盛りのシラス丼。
「こんなに食べられるのかいな?」
と思いつつ、スプーンを口に運んだ。
「!」
気のせいかと思い、続けてもう一度スプーンを口に運ぶ。
「!」
どうやら気のせいではないらしい。

「こりゃぁ、うまぁ~にゃ!」
ネコはこう叫ぶしかないだろう。

口の中には、生卵とポン酢の爽やかでクリーミーな味が広がる。
そして、その中にはシソの香りが後追いで舌を刺激してくれるのだ。
短冊に切った焼のりとチャーシューも名脇役だ。
こうなると、そうでもなかった食欲が一気に沸いてきて、
5分もかからないうちにあっという間に平らげてしまった。

その後、別の数名からシラス丼について聞き取りしてみると、
元々は鎌倉で有名だということだった。
しかし、そこでは生シラスを使用しており、生だと味が重くなるので
とてもどんぶり一杯を食するのは辛いという評価だった。

というわけで、その店のシラス丼の特徴は、
①味が重たくならない釜揚げシラス
②生卵+ポン酢+シソ
ということになる。

尚、生卵とポン酢の配合比率は不明なので、試行錯誤するしかないだろう。
風邪をひいて食欲がない時に、最高のメニューと思われる。

PS:日経新聞の日曜版に、小林秀雄氏のことが書かれていた。
   すると、そこには白州さん・・・。
   しかも下の名前が、字違いなもののオイラと同じだという。
   これは、小林秀雄氏の縁でオイラにしかわからない、
   シラスのシンクロニティなのかも知れない(ホントかよ)

   シラスとポン酢とソロ酢。   
   何か相場にかかわる暗号なのかどうかは、まだ不明だ。
   (井崎さんの競馬物語を連想)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    シラス丼
登録日時:2010/06/06(23:21)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2010/06/07(00:22)
    SHINSHINさん、こんばんわ!

    シラス丼、何だかとっても美味しそう。

    食べてみたーい!

    配合比率が詳しく分かったら、教えて下さいね。 (*^_^*)
  •  通報する

    2010/06/07(00:35)
    初めまして。

    メチャうまいです。
    こんど中華屋のおやじさんから、聞きだしてみますね^^
  •  通報する

    2010/06/07(20:35)
    youkoppiさん、オヤジさんから聞いてきました。

    卵一個に対して、ポン酢 20mL ということでした。
    計量カップをみせてくれたので、確かだと思います。

    ところで今、youkoppiさんの日記を拝読しました。
    その博学ぶりに唖然として驚いております。

    ジェネリックの特許の話など、
    オイラは長年の薬屋だというのに「知りませんでした!」(汗)

    趣味に入れ込むのもいい加減にして、
    少しは真面目に本業の方にも身を入れなくてはいけないと、
    危機感が募っております。

    大学というのは、やはり面白いところですね!

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。