カいさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ139件目 / 全186件次へ »
ブログ

ピッキング



優れたギタリストのピッキングは前腕の回内回外運動を使うという話からピッキングスタイルを調整してきたが、新たな発見があったのでメモする。
元々、前腕の回内回外運動のみとは思っていなかった。
何しろ回内回外運動だけでは、ある程度のスピードを超えると疲れる。
前のエントリにもあるように疲れると、一曲弾き通せないというだけでなく、練習を沢山出来ないという問題が生じる。




そのような訳で、肘周りを脱力し振るような運動で、肩周りから運動量を伝えるピッキングを行っていた。
これなら前腕の筋肉をあまり使わず、さらに前腕の筋肉の疲労を回復させる運動でもあるので、弾けば弾くほど前腕は部分的に疲労が軽減される。
しかし、運動精度の点で問題を感じていたし、ピックも飛びやすかった。




今回の工夫は肩周りの運動の精度を上げてしまうというものだ。
肩周りの微細な内転外転運動を主動力にするのだ。
これにより前腕の筋出力の変化がほとんどなくなり、安定したソフトピッキングが実現できるようになった。
運動の精度も良く、練習して無意識に動けるレベルになればかなり演奏は向上すると思う。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。