元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1062件目 / 全1700件次へ »

法螺吹きネット店とリアル店、たまに正直なリアル店

サントリーが輸入販売しているベネズエラのラム酒「クラーロ」を
ネットではなく個別店で入手しようと試みてみたら、
意外な事実が判明した。

★スペイン酒場でそこのママと二人で10杯も飲んでいないのに、
 ウン万円かかった。しかし、メチャうまいと感じた。

★ネットで検索すると、1本=5,600円というのがあった。
 道理で美味いはずだと思った。

★某有名チェーン店で探すもなく、店長に取り寄せを願うも拒否された。
 それほど入手が難しく高価な酒なのかと思った。

★行きつけの別スナックママに連絡して、手配してもらう。
 入手まで1週間くらいかかるが手に入ると。
 しかし、値段は1本=1,400円だという。
 何かの間違いかもしれないが、面白いから取ってくれと伝える。

★さきほど霊の、じゃなくて例のスペイン酒場に行った。
 スペインママの首をなめて、いや絞めて、幾らで仕入れたのか問いただすと、
 1本=2,000円なのだという。

★「しょうがねえな・・・」といって2杯飲む。
 勘定書きの筆をたどると、1杯=1,000円でつけてやがった。

<判明したこと>
☆ネット店だから安いと思うのは、TRICKだ!
☆スナックが高いのは、まっ、しょーがない。。
☆クラーロを改めて飲んでみると、かなり甘く感じた。
 サトウキビからできてるからか?
 前回はもっとスッキリした味わいだったはずだが・・・。

☆酒というのは、そのときの食事やつまみで、味わいが大きく変わるのは知っているが、
 それほど詳しいわけでないので、オイラにはまだ不明な点が多い。
☆仕入れ値がそんなで、しかもショット高いのなら、
 無理してでも「山崎」飲んだ方が遥かにいい。
登録日時:2010/05/04(22:53)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。