瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ169件目 / 全525件次へ »

日経平均の下値支持が切りあがり基調

日経平均の下値支持が切りあがっている。
2009年3月から11月末に下値支持線が引けるが、11月末~2月初旬の下値支持も機能しはじめている。
下値支持の角度が上がるということはかなりの強さを示している。
下値支持を切り上げる形は、2007年夏のサブプライム問題が表面化して暴落してトレンドが崩れて以来となる。

欧州問題などで、ショックが起きる不安はまだまだあるものの、このような上昇トレンド基調になってくると、そのようなショックも絶好の押し目ポイントとしてとらえられそう。
3月初旬に中長期買っている投資家はこの堅調さにトレンドが変わらない限り、手放すことはないと思われるので、ショックの押し目がない限り、上値買いが続きそうな気もする。

押し目のチャンスがあるとしたら、中国の利上げ懸念、金融引き締め懸念、ユーロ圏国の財政懸念、欧州系ソブリンファンドのデフォルトなどか。
ただ、ファンドのデフォルト等になると、直接、実需売りが降ってくるかもしれないが。

------------------------
12:00
ソニーが堅調。毎日高値更新している。地合いの堅調さから、リーマンショック前の安値まで上昇するとの向きが強まっているよう。信用倍率も上昇へはずみをつけていると思われる。オシレータ指標でトレードしている投資家が踏まれていると推測。今から買い向かう気にはなれないが上値目処は4000円。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/03/11(11:15)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。