収益性
75
活発度
64
人気度
63
収益量
58
投稿量
72
注目度
96

あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1063件目 / 全1072件次へ »

フラッシュメモリPC

ソニーが大容量フラッシュメモリとハードディスクの両方を同時搭載したバイオを発表したそうです。

そう言えば、富士通かどこかがハードディスクの替わりにフラッシュを搭載したノートPCを販売していました。

現在、フラッシュメモリは大幅に価格が下落しています。
今後、ハードディスクに対するコストの差が縮まれば、ノートPCやサーバ等の高価格PCに順次搭載されていくでしょう。

フラッシュメモリの代表メーカーと言えばサムスンと東芝(サンディスク)。
両者は急激な価格の低下により収益が圧迫されていますが、この戦いの勝者は膨大な利益を得ることでしょう。

(あと数社、フラッシュの有力メーカーがありましたが、忘れてしまいました)
登録日時:2007/05/17(21:55)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2007/05/17(22:53)
    今は、いろいろなところでフラッシュメモリが使われてますね。
    PCはもちろん、携帯音楽プレーヤーやデジカメなどなど。
    これからますます大容量化していくんでしょうけど、技術的にはどのぐらいまで大容量化できるんでしょうね?
  •  通報する

    2007/05/19(00:10)
    まささん、コメントありがとうございます。

    技術的には、まだ大容量化の余地はありそうです。
    ただ、大容量化にはコストがつきもの。
    もちろん、各社そのコストを下げる研究・開発に余念がありませんが。

    そう言えば、ハードディスクも昔言われていた記憶密度の限界を超えていますし。

    どこまで大容量化が進むんでしょうね。
    大容量化や高速化の限界がきたら、きっと次の記憶媒体が模索されるんでしょうね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。