SBIホールディングスのニュース

SBIホールディングスのニュース一覧

SBI子会社、スイスの仮想通貨コールドウォレット開発企業に出資【フィスコ・ビットコインニュース】

投稿:2019/01/22 15:57
SBIホールディングス<8473>子会社で仮想通貨関連のベンチャー企業への投資を手掛けるSBIクリプトインベストメントは21日、安価で強固な仮想通貨コールドウォレットを開発するスイスのSmart Cash AG(スマートキャッシュAG)社へ出資したと発表した。

コールドウォレットとは、インターネットから切り離された環境で仮想通貨を保管するもので、資産をハッキングなどの被害から守る保管方法だ。

スマートキャッシュ社は、低価格での生産が見込まれている薄型のコールドウォレット「タンゲム・ノーツ」を開発している。安価であることにより、仮想通貨を含むデジタルアセットの物理的な保管等の用途で使用が想定されており、こうしたウォレットの特徴が、SBIグループが推進するデジタルアセット事業における取り組みを加速するだろうとの考えから、今回の出資に至ったとしている。

SBIでは今回のスマートキャッシュ社以外にもセキュリティ関連やウォレット関連の企業への出資や連携を強化している。昨年3月には仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBit Xに出資した(出資比率は40%)。また暗号鍵の管理システムを開発するデンマーク企業のSepiorには49%の出資を行っている。Sepiorとは、SBIが運営する仮想通貨取引所SBIヴァーチャルカレンシーズ向けのウォレットを共同開発している。さらに、今月15日には、スイスの仮想通貨ウォレット企業Breadwinner AG(ブレッドウィナー)に出資したと発表している。

発表に際し、同社は、引き続き高い技術力を有するデジタルアセット関連ベンチャー企業への出資・提携に注力し、SBIグループ内の既存のデジタルアセット関連各社とのシナジーを追求していくとの意向を示している。


<HH>
配信元: フィスコ

SBIホールディングス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,464.23

+32.73

TOPIX

1,613.50

+0.02

JASDAQ

150.86

+0.45

米ドル/円

110.68

-0.02

ユーロ/円

125.49

+0.02

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック