4574  東証1部

大幸薬品

レポート銘柄
お気に入り

株価(13:40)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
4,090.0
-330.0(-7.47%)
売り

目標株価

2,703

あなたの予想

未投稿

大幸薬品のニュース

大幸薬品のニュース一覧

大幸薬品 Research Memo(1):2020年3月期第1四半期は医薬品事業、感染管理事業共に順調な滑り出し

配信元:フィスコ
投稿:2019/09/27 13:01
■業績動向

大幸薬品<4574>は、「正露丸」「セイロガン糖衣A」を中心とする医薬品事業と、ウイルス除去・除菌・消臭製品「クレベリン」シリーズを中心とした感染管理事業を展開している。

2020年3月期第1四半期は、売上高が1,416百万円(前期比11.9%増)、営業利益が180百万円(同193.0%増)、経常利益が127百万円(同347.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が103百万円(同165.8%増)と増収増益で滑り出した。

売上高に関しては、医薬品事業が堅調に業績を伸ばし、感染管理事業もオフシーズンではあるが前年同期を上回った。国内医薬品事業の売上高は1,030百万円(前期比10.4%増)。主力の正露丸、セイロガン糖衣Aともに堅調に推移している。海外医薬品事業の売上高は208百万円(同25.8%増)。香港向けが増加し、全体としておおむね計画どおりの進捗である。感染管理事業の売上高は、174百万円(同8.4%増)。2018年にクレベリン製品のデザインリニューアル、店頭強化、新TVCMなど一貫したマーケティング施策で成功を収め、その勢いが継続している。一般用製品の好調に連動して業務用製品も順調である。

売上総利益は増収影響により増加。販管費は、医薬品事業で広告宣伝強化(TVCM放映等)の影響で金額ベースでは増えたが、増収効果等により販管費率は低下した。結果として、営業利益は前年同期比で大幅な増益となった。セグメント利益では医薬品事業が前年同期並み、感染管理事業が大幅に収益を改善した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

<SF>
配信元: フィスコ
  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

23,151.70

-191.80

TOPIX

1,689.03

-13.54

JASDAQ

172.01

-0.90

米ドル/円

108.98

+0.09

ユーロ/円

120.12

+0.14

WTI原油

53.14

-1.05

NY金

1,577.4

+5.50

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介