株価(15:00)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
276.0
前日比 -3.0(-1.08%)
買い

目標株価

315

あなたの予想

未投稿

---円

予想する

日和産業の売買予想

« 前へ9件目 / 全20件次へ »
買い予想

また 何となく

予想株価
300円
現在株価との差+24 (+8.69%) 
登録時株価
201.0円
獲得ポイント
+104.68pt.
収益率
+37.31%
期間 長期(数ヶ月~数年)
理由 その他
わからん

地域の特産品を使用した特殊飼料を開発。

梅干しの本場でもある和歌山県。
和歌山県では、この地域の特産品を畜産品にも使用することで、新たな特産品を生み出すことができないか、研究を続けてきました。
結果、養鶏分野において、梅干しを加工するときに産出される副産物『梅酢』を飼料に加えることで、免疫性や産肉性が向上しすることがわかりました。
今では『紀州うめどり』『紀州うめたまご』など、梅酢配合の飼料をで育った畜産品が和歌山県の特産となっています。
その過程において我々日和産業も大きな貢献をしました。

『紀州うめどり』『紀州うめたまご』
2件のコメントがあります
  • イメージ
    昔から和歌山のとある地方では、夏場に弱った鶏に、梅干を作った時にできる梅酢を飲ませる風習があったのです。

    それから、紀州の梅酢エキス「紀州梅そだち(梅BX70)」を混ぜたえさで鶏を育てたところ、おいしい紀州うめどりができました。
    さらに、とっても健康になった"うめどり"たちが、ぴちぴちの"うめたまご"を産みました。
    そして、その成果は和歌山県の養鶏研究所でも正式に得られたのです。

    「もしかして、紀州うめどり・うめたまごが南高梅のような新しいブランドになるのでは…。」
    そんなことから、和歌山県、梅干し業者、養鶏業者および関連業者が集まって、
    「紀州うめどり・うめたまごブランド化推進協議会」(現 紀州うめどり・うめたまご協議会)が発足いたしました。

    うめの力を受けて育った、うめどりとうめたまご。
    是非一度おためしください。

    http://www.umedori.com/aboutumetamago.html



    鳥インフルエンザにならない
    希望
  • イメージ
    和産:18年9月中間期連結
    2018/11/12 15:20

    [東京 12日 ロイター]
    2019年3月期中間決算 (2018年4月1日-2018年9月30日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字
    19年3月期中間 18年3月期中間 19年3月期予想
    売上高 (百万円) 19,853 19,795 41,500
    (+0.3 %) (-3.6 %) (+3.7 %)
    営業利益(百万円) 260 529 700
    (-50.9 %) (+67.1 %) (-8.0 %)
    経常利益(百万円) 320 568 800
    (-43.5 %) (+65.1 %) (-5.4 %)
    当期利益(百万円) 215 393 500
    (-45.3 %) (+65.1 %) (-4.8 %)
    1株利益 (円) 11.13 20.36 25.89
    1株年間配当(円) 5.00 5.00
    1株Q2配当 (円) 0.00 0.00
    1株Q4配当 (円) 5.00 5.00
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。