【円高メリット】関連銘柄

1~15件 / 全338件

円高メリット

平均株価変動率-0.2%
「円高メリット」は、対ドルや対ユーロなどで円相場が上昇することでメリットが発生すること。例えば1ドル=100円だった円相場が、1ドル=90円となれば、海外からの同じ輸入商品が従来の1個100円が90円で買えることになる。 一般的にメリットを得るとされるのは、輸入業種で、原油、大豆、トウモロコシなどの輸入食糧、輸入家具、原料を輸入する紙・パルプ、輸入木材などがある。さらに、円高が進むと、海外旅行の費用が割安となるため、旅行会社や、航空会社のビジネスチャンスも広がるとされている。 ただ、円高でメリットを受ける業種は、上場企業を中心とした日本の産業界全般で見ると少ないため、一般的には「円高=株安」と判断されるケースが多い。
関連カテゴリ貿易
« 前へ 1 3 4 5 6 7 23
コード銘柄名称株価前日比関連度
7011 三菱重工業 4,137.0 (11/17) +1.0 (+0.02%)
7012 川崎重工業 3,785.0 (11/17) +20.0 (+0.53%)
7013 IHI 3,505.0 (11/17) +45.0 (+1.30%)
7203 トヨタ自動車 6,917.0 (11/17) -45.0 (-0.65%)
7261 マツダ 1,522.5 (11/17) +5.0 (+0.33%)
7270 SUBARU 3,611.0 (11/17) -11.0 (-0.30%)
9022 JR東海 20,095.0 (11/17) -140.0 (-0.69%)
9062 日本通運 6,950.0 (11/17) +50.0 (+0.72%)
9843 ニトリHD 17,165.0 (11/17) +560.0 (+3.37%)
1377 サカタのタネ 3,610.0 (11/17) -5.0 (-0.14%)
1963 日揮 1,903.0 (11/17) +25.0 (+1.33%)
2282 日本ハム 2,768.0 (11/17) +13.0 (+0.47%)
4902 コニカミノルタ 1,040.0 (11/17) +3.0 (+0.29%)
4989 イハラケミカル工業 977.0 (04/25) -14.0 (-1.41%)
4997 日本農薬 697.0 (11/17) -11.0 (-1.55%)
« 前へ 1 3 4 5 6 7 23