大塚HDは4日ぶり反発、欧州医薬品庁に腎性貧血治療薬の販売承認を申請

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/11/01 14:37
大塚HDは4日ぶり反発、欧州医薬品庁に腎性貧血治療薬の販売承認を申請  大塚ホールディングス<4578.T>は4日ぶりに反発している。10月29日の取引終了後、子会社である大塚製薬が米アケビア・セラピューティクス<AKBA>と共同で開発を進めている経口の腎性貧血治療薬「バダデュスタット」について、成人の慢性腎臓病(CKD)に伴う貧血の適応で、欧州医薬品庁(EMA)に医薬品販売承認申請を提出したと発表しており、これが好材料視されている。

 両社は16年に米国における共同開発・共同販売の契約を締結。17年の契約拡大に伴い、欧州では両社が共同開発及び大塚製薬が販売、日本と中南米を除くその他の地域では、大塚製薬が独占的に開発及び販売を実施する権利を有している。なお、同件による21年12月期業績予想の変更はないとしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
4,046.0
(11:30)
+10.0
(+0.25%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介