年内にECBのインフレ目標に到達する可能性が高いとの指摘も=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/03/03 01:33
 日本時間1時のロンドンフィキシングにかけてドル売りが強まっており、ユーロドルは1.2075ドル付近まで買い戻されている。為替市場ではドル買い圧力が根強く、ユーロドルは日増しに売り圧力を強めている。きょうは大きな心理的節目である1.20ドルを割り込む場面もみられた。

 ユーロの反応は限定的だったが、本日のロンドン時間に2月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)が発表されていた。総合指数は前年比0.9%と前回と変わらず、予想とも一致した。インフレは2月も安定を示していたが、市場からは今年の残りの期間はインフレが上昇し、ECBの目標である2%を若干下回る水準に到達する可能性が高いとの指摘も聞かれる。エネルギー価格がこの先数カ月で急激な上昇が予想されるほか、半導体不足でコア指数も上昇が示唆されているという。年内にはパンデミックの行動制限も緩和されることから、物価は回復するはずだと説明している。

 しかし、インフレ上昇は一時的なもので、その後は力が薄れ、インフレは2022年に約1%に戻るとみているようだ。

ユーロ圏消費者物価指数・速報値 (2月)19:00
結果 0.9%
予想 0.9% 前回 0.9%(前年比)
結果 1.1%
予想 1.1% 前回 1.4%(コア・前年比)
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.2%(前月比)

EUR/USD 1.2071 EUR/JPY 128.84 EUR/GBP 0.8653

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.3 41.7
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介