東京為替:欧米諸国の企業景況感関連の指標発表を待つ状況

配信元:フィスコ
投稿:2020/11/23 09:45
23日午前の東京市場でドル・円は103円80銭近辺で推移。東京市場が休場のため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いている。欧米諸国の企業景況感関連の指標発表を待つ状況となっている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円78銭から103円86銭、ユーロ・ドルは1.1854ドルから1.1866ドル、ユーロ・円は123円03銭から123円19銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米大統領選挙の最終結果が判明するまである程度の時間がかかる可能性
・ウイルス感染拡大で欧米経済見通しは不透明

・NY原油先物(時間外取引):高値42.57ドル 安値42.35ドル 直近値42.44ドル


<FA>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

62.0 38.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介