タカキタが小幅安、9月中間期業績は計画下振れで着地

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/16 11:10
 タカキタ<6325.T>が小幅安。15日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)単独業績について、売上高が40億円から31億6200万円(前年同期比16.4%減)へ、営業利益が4億2000万円から1億5400万円(同59.5%減)へ、純利益が2億8000万円から1億1000万円(同56.7%減)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、国産農産物の消費低迷などに伴い農業従事者における機械投資意欲が減少したことに加えて、国内外における営業活動縮減の影響を受けて、エサづくり関連作業機などの受注が大幅に減少したことが要因という。また、産業界全体の設備投資が低調に推移し、軸受事業の受注が減少したことも響いたとしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
668.0
(09:11)
-4.0
(-0.60%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

85.9 14.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介