明日の為替相場見通し=神経質な展開が継続も

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/09/15 18:05
明日の為替相場見通し=神経質な展開が継続も  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)を意識して神経質な展開が続く可能性がある。予想レンジは1ドル=105円40~106円20銭。

 今晩からFOMCが開催される。市場では、ゼロ金利長期化の姿勢が示されるとの見方が出ており、一時105円60銭前後までドル安・円高が進行した。明晩の結果発表を前に相場は105円後半を中心とする神経質な展開が予想される。今晩は米8月鉱工業生産が発表される。また、明日から明後日にかけて日銀金融政策決定会合が開催される。さらに明日から臨時国会が召集され、首班指名選挙で菅首相が誕生する見通しだ。




出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

67.2 32.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介