ユーロドルは200日線が強い上値抵抗 ECBの金融政策よりも戦略見直しに焦点=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/01/15 01:21
 ユーロドルは、朝方の米消費者物価指数(CPI)の発表を機に下げ渋る動きが見られているものの、きょうは戻り売りが優勢の展開が見られている。200日線が1.1140ドル近辺に来ているが、その水準が強い上値抵抗となっている模様。ユーロ自体の手掛かり材料に乏しく、ドルの行方に左右される状況が続いている。

 市場はラガルド新総裁のもと、今年のECBの動向に注目しているが、一部からは今年は金融政策は維持されるのではとの声も出ている。ECBの金融政策は現在、自動操縦の状態になっており、すぐに行動する必要はないのではとの見方も少なくない。そのような中で市場はむしろ、予定している「戦略見直し」に焦点を移しているようだ。

EUR/USD 1.1127 EUR/JPY 122.47 EUR/GBP 0.8553

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.3 20.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介