ナノキャリア---遺伝子治療薬「VB-111」の国内開発に関し、カルタヘナ法に基づく第1種使用等の承認取得

配信元:フィスコ
投稿:2019/11/19 11:58
ナノキャリア<4571>は15日、遺伝子治療薬「VB-111」の国内開発に関し、遺伝子組み換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)に基づく第1種使用等の厚生労働大臣・環境大臣連盟による承認を取得したと発表。

カルタヘナ承認取得により、国内開発においてVB-111の取り扱いが可能となり、国内における再生医療等製品として臨床試験を開始するための治験届の提出が可能になったとしている。

導入元のVBL社(イスラエル)が実施中の、米国を中心としたプラチナ抵抗性卵巣がんを対象とした第3相臨床試験の中間解析が2020年第1四半期に実施される見込みとしており、同社は、試験の進捗状況等により、国内開発を進める計画。

VB-111は、アデノウイルスベクターを用いた新しいがん治療を目指した遺伝子治療薬で、血管新生阻害と免疫を惹起することによりがん細胞を死滅させる2つのメカニズムを持つユニークな製剤。VB-111は、全身投与型製剤であることから、様々な固形がんを標的とした開発も期待でき、プラチナ抵抗性卵巣がんを対象とした第3相臨床試験に加え、再発悪性神経膠芽腫(rGBM)に対する医師主導の第2相試験および免疫チェックポイント阻害剤との併用など、対象疾患を拡大することがVBL社から発表されている。

<SF>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
349.0
(12/06)
+1.0
(+0.29%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.9 16.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介