ドル円は買い優勢 米中協議への楽観的な雰囲気広がる=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/10/10 00:32
 ドル円は買い優勢の展開となっており107.40円近辺で推移している。本日高値圏での推移。きょうは米中貿易協議への楽観的な雰囲気が広がっており、米株も買い戻される中、リスク回避の雰囲気が後退している。

 米政府は監視カメラなど新疆ウイグルの弾圧に関わる企業2社を含むテクノロジー企業8社に対する米企業からの禁輸措置を発表した。中国側の反発も予想され、前日の市場はリスク回避の雰囲気が広がったが、英FT紙の報道によると、中国は、トランプ大統領が関税引き上げを見送ることを条件に、米国産大豆の購入を現在の年2000万トンから3000万トンに1000万トン増やすことを提案したと伝えた。

 また、中国は米国との部分的合意をまだ排除していないとも伝えていたことで、市場には楽観的な雰囲気が広がっている模様。

 目先は100日線と21日線が来ている107.65円付近が上値メドとして意識される。

USD/JPY 107.38

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.1 18.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介