アイロボットが下落 アナリストが投資判断を「売り」に引き下げ=米国株個別

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/10/09 23:56
 ロボット掃除機などを手掛けるアイロボットが下落。アナリストが投資判断を「売り」に引き下げた。ウォール街はロボット掃除機が高付加価値から一般商品化、いわゆるコモディティ化の始りにあることを反映しないと指摘している。業績へのリスクは大きく、第4四半期には急速にシェアを低下させ、2020年には競争が激化することが見込まれるとも述べた。

 2020年度の通期売上高は12.7憶ドル、1株利益は2.40ドルを見込んでおり、いずれも市場予想を下回っている。

(NY時間10:43)
アイロボット 52.64(-4.78 -8.32%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.6 18.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介