NY原油:小幅反発、熱帯暴風雨「バリー」が影響

投稿:2019/07/13 09:43

NYMEX原油8月限終値:60.21 ↑0.01

12日のNY原油先物は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.01ドルの60.21ドルで通常取引を終えた。熱帯暴風雨「バリー」の影響で製油所が閉鎖され、供給に影響が出るとの見方が引き続き下支えとなった。


<TN>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

84.8 15.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介