ドル円107円台後、小反発。

投稿:2019/07/12 09:49

マーケットコンディション

昨日のドル円は、108.44円で始まると、東京時間は、前日のパウエルFRB議長証言からのドル売りが継続。時間外の米長期金利の低下などもあり、ドル円は107.85円まで下落。ロンドン時間、買い戻し先行となり、108円台を回復。NY時間、6月 消費者物価指数(CPIコア指数)が予想2.0%に対し2.1%と上振れし、米長期金利の上昇、NYダウ平均の続伸などを受け、ドル円は108.53円まで上昇し、108.49円でクローズをむかえた。

ドル円107円台後、小反発。

米国利下げで、米株が上昇。ドル円にとっては、上げ材料と下げ材料が混在。米経済指標が堅調となれば、大崩はなさそうである。しかし、米中貿易戦争・中東情勢などの不安要因もあり、手放しで買い上がれない感じである。
テクニカル的に、昨日の安値107.85円は、6/25の106.77円から7/10の108.98円までの上昇に対して、押し50%(107.87円)レベルとなる。一目の基準線が108.88円となっており、節目で下げが収束したようにみえる。ローソクチャートの形も、長い下ヒゲが発生しており、売り込まれ感からの買い戻しの勢いを感じる。107円台から直ぐに108円台回復の流れをみると、107円台の買い意欲が強く感じられる。目先は、上値も重く・下値も堅いレンジ相場となる可能性がある。
遠藤寿保
YJFX! FXエバンジェリスト
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.2 21.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介