カイオムが急反発、ヒト化抗セマフォリン3A抗体に関する欧州特許付与を発表

2018/10/29 09:18
 カイオム・バイオサイエンス<4583.T>が急反発している。前週末26日の取引終了後、同社で開発を進めている抗セマフォリン3A抗体に関して、欧州における特許付与の決定通知を受け取ったと発表しており、知財強化につながるとの見方から買われているようだ。

 同特許は、同社パイプラインの一つで、糖尿病黄斑浮腫などの治療薬として開発を進めているBMAAに関連する特許で、既に米国、日本で成立している。なお、18年12月期業績への影響はないとしている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
259.0
(11:10)
-1.0
(-0.38%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

71.4 28.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック