来週の為替相場見通し=トルコリラの動向など警戒も

2018/08/10 17:53
来週の為替相場見通し=トルコリラの動向など警戒も  来週の外国為替市場のドル円相場は、円高を試す展開となる可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=109円50~112円00銭。

 今週末にはトルコリラ急落の影響で、ユーロが売られるなど新興国の状況に警戒感が台頭した。また、日米貿易協議(FFR)は2日目の協議に入り、その結果は週明けの市場に反映される見通しだ。来週は、日本がお盆に入ることもあり売買は細りそうだが、トルコリラなどの動向次第では荒い値動きとなる可能性もある。来週は14日に中国小売売上高などが発表されるほか、15日に米7月小売売上高、米8月ニューヨーク連銀製造業景気指数、16日に米7月住宅着工件数、17日に米7月景気先行総合指数の発表が予定されている。




出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.3 24.7
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック