リプロセル続伸、共同開発先がステムカイマルの米国治験開始承認を取得

投稿:2018/07/23 09:18
 リプロセル<4978.T>が続伸している。前週末20日の取引終了後、共同でヒト細胞加工製品Stemchymal(ステムカイマル)」を開発している台湾ステミネント・バイオセラピューティクス社が米国において、脊髄小脳変性症のうち伸長ポリグルタミン脊髄小脳失調症を対象としたステムカイマルの治験許可承認を米国食品医薬品局(FDA)から取得したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 伸長ポリグルタミン脊髄小脳失調症は、小脳や脳幹、脊髄の神経細胞が変性してしまうことで、徐々に歩行障害や嚥下障害などの運動失調が現れ、日常の生活が不自由となる原因不明の希少疾患。ステミネント社は既に台湾でステムカイマルの第2相臨床試験を行っているほか、米国でもFDAからオーファンドラッグ指定を受けているが、今回の承認取得により、第2相臨床試験の被験者募集を開始できることになった。今後は、米国でも第2相臨床試験でステムカイマルの安全性及び有効性を評価するために、プラセボ対照、ランダム化、二重盲検試験を実施する予定としている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
262.0
(15:00)
+23.0
(+9.62%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

76.1 23.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック