IDOMがS安、国内小売台数減少響き第1四半期業績は最終赤字に転落

2018/07/13 13:12
IDOMがS安、国内小売台数減少響き第1四半期業績は最終赤字に転落  IDOM<7599.T>がストップ安の506円水準でウリ気配となっている。12日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高714億1100万円(前年同期比0.4%増)、営業利益3億7800万円(同69.5%減)、最終損益1億4600万円の赤字(前年同期4億5700万円の黒字)となり、最終損益が赤字に転落したことが嫌気されている。

 広告宣伝の抑制などが影響し国内直営店で小売台数が減少したことに加えて、商品設計変更の影響で1台当たり小売粗利益が減少したことが響いた。なお、豪州子会社の業績改善はあったものの、大幅な減益を余儀なくされた。

 なお、19年2月期通期業績予想は、売上高2900億円(前期比5.0%増)、営業利益76億円(同12.1%増)、最終利益39億円(同9.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
393.0
(09/21)
+8.0
(+2.08%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

95.2 4.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック