収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3301件目 / 全3705件次へ »
ブログ

NCR投資法人が民事再生法申請、J-REIT初の事実上破綻

791ca863c  

Yahoo!ファイナンスのニュース記事から以下抜粋。

-------------------------------

ニューシティ・レジデンス投資法人が民事再生法申請、J-REIT初の事実上破綻 (2008.10.09)

ニューシティ・レジデンス投資法人(NCR)は、9日、民事再生法の申請を公表した。J-REITの事実上破綻は市場開設7年で初めて。民事再生の要因は、10月に返済期限の到来する借入金の借換え及び10月末に277億円で取得予定であった池袋の物件の資金調達の目処が立たなくなったためによるもの。

NCRは安定した賃貸収益を保持してきたが、急速な拡大に伴い短期借入金依存度が高い上に市況が急落する中で昨年12月に取得を公表した大型物件の資金調達も重なったことが致命的となった。この点から賃貸収益の安定性が高いJ-REITという投資主体に対しても金融機関の融資姿勢は極めて厳しい点が如実となった。 J-REITの破綻は初めての事例であるため、今後の処理方法は予断できないが、民事再生である点及び賃貸収益は安定しているため、新スポンサーの出資を受ける可能性が高いものと考えられる。この場合には既存投資主の出資口の大半が毀損することになろう。全額減資とならなくても既存投資口の併合が行われる可能性も高く、大半の投資家は減資価格で売却を余儀なくされるものと考えられる。

なお、スポンサーが現れない場合には、物件売却を行っていくことになる。この場合も民事再生申請に伴い全借入金の返済期限が到来した状態になるため遅延利息が嵩む点や、破綻に伴う物件売却であり厳しい不動産市況を鑑みると、投資家に配分される可能性は極めて低いと考えられる。

-------------------------------

安定した家賃収入があるREITでも破綻する事があるとは・・・。要は信用収縮で金融機関が融資姿勢を厳しくし(=REITの保有する土地や建物の担保価値を厳しく評価)、リファイナンスで必要資金が確保できなくなったという事みたいですね。そこでまずは物件売却で凌ごうとしたものの、それでも十分な資金調達ができなかったと。

他のREITも似たような状況でしょうから、これから他にも破綻する所が出る可能性があります。私もそうでしたけど、何も知らないでREITは比較的安全と思っていた投資家もいるでしょうから、明日以降のJ-REITおよび不動産関連株の動きは心配ですね。。。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。