投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ78件目 / 全5253件次へ »
ブログ

米国株は主要3指数が揃って過去最高値を更新

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月26日 火曜日

米国株について
ダウ平均は190ドル高の28066ドルで取引終了。
取引開始から1時間で28000ドルを回復。その後は高値揉み合いになりますが、最後の1時間で上放れると28066ドルまで上げ幅を拡大させました。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.68%高(190ドル高)、ナスダックは1.32%高、S&P500指数は0.75%高。3指数揃って大きく上昇、そして過去最高値を更新。とくに、ハイテク比率の高いナスダックが大幅高となっています。

〇S&P500指数の業種別動向
公益のみ下落、他10業種は全て上昇しました。
上昇率の高い順
情報技術、ヘルスケア、一般消費財、資本財、金融、素材、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 2.11%高、インテル 2.08%高、ダウ 1.85%高、キャタピラー 1.77%高、アップル 1.75%高

下落率の高い順
エクソンモービル 0.66%安、マクドナルド 0.65%安、ベライゾン 0.62%安、ナイキ 0.47%安、ウォルマート 0.37%安

〇半導体関連株が軒並み大幅高
ダウ構成銘柄ではインテルが上昇率2位。他、マイクロン・テクノロジー 3.60%高、AMD 1.63%高、エヌビディア 4.89%高、テキサス・インスツルメンツ 1.71%高、クアルコム 0.47%高、フィラデルフィア半導体指数 2.43%高。

〇インテルとユナイテッドヘルスが相場をけん引
2銘柄でダウ平均を70ドル押し上げています。
インテルは取引開始直後から急騰、そしてユナイテッドヘルスは右肩上がり。
取引開始から1時間で大きな節目となる28000ドル回復しましたが、この2銘柄が大きく貢献しています。

他、主力の外需が軒並み大幅高。スリーエム、キャタピラー、ゴールドマン・サックス、ボーイングまで合わせると、6銘柄で132ドル押し上げました。

〇投資家心理と需給関係が改善
前回高値から一旦調整した後、大きな節目となる28000ドルを回復、そして過去最高値を更新。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。