投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ99件目 / 全5253件次へ »
ブログ

米国株はボーイング急騰でプラス転換

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月12日 火曜日

米国株について
ダウ平均は10ドル高の27691ドルで取引終了。
利益確定売りで100ドルほど下げた水準で揉み合いますが、お昼前にボーイングが急騰したことで午後にはプラス圏に浮上。その後はほとんど動かないまま10ドル高で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.04%高(10ドル高)、ナスダックは0.13%安、S&P500指数は0.20%安。
小幅に高安まちまち。

〇S&P500指数の業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、資本財、情報技術

下落率の高い順
公益、エネルギー、ヘルスケア、通信、一般消費財、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
9銘柄が上昇、 21銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 5.08%高、ボーイング 4.55%高、アップル 0.79%高、ベライゾン 0.44%高、ビザ 0.32%高

下落率の高い順
スリーエム 1.76%安、ゴールドマン・サックス 1.74%安、IBM 1.56%安、シスコシステムズ 1.49%安、ユナイテッドヘルス 1.12%安

〇ボーイングの影響が大きかった
墜落事故で出荷を停止していた「737MAX」について、12月に出荷を再開すると発表。これが大きな買い材料となり、小安く揉み合っていたところから5%高まで急騰。その後は高値揉み合いのまま4.55%高で取引終了。

この影響で、ダウ平均も100ドル近く揉み合っていたところからプラス圏に浮上。
ボーイングだけでダウ平均を108ドル押し上げました。

〇高値圏での利益確定売り
ダウ構成銘柄では21銘柄が下落、業種別では8業種が下落しています。
ダウ平均はボーイングの影響でプラスになるも、全体では利益確定売りに押された印象。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。