GUIDEPOST TO VICTORYさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ29件目 / 全4891件次へ »
ブログ

【商品先物】ランチタイム・マーケット 11/7(木)


東京金は前日比12円高の5205円近辺で推移している。
実線は買い優勢の展開に陽線を形成し、25日EMAをサポートに底堅く推移している。
MACDはプラス圏でデッドクロスを形成し、スキャスティクスは中段保ち合い圏で推移している。
ボトムサイクル分析は、10月30日の安値がボトムになったと仮定すると、本日で6本目を形成していることになります。ただし、実線が短期移動平均線を上抜ける場合は11月6日安値がボトムになる可能性もある。
目先は下落リスクが高まりつつある。
週足ベースで考慮すると、実線は下降波を形成する時間帯となっており、目先は10週EMAを下抜けると更に下落する可能性が高まる。

東京白金は前日比12円高の3251円近辺で推移している。
実線は前日の大幅下落の反動で一時3270円まで上昇する場面もあったが、その後は戻り売りが活発となり、上ヒゲを形成している。
MACDはプラス圏で推移し、ストキャスティクスは中段保ち合い圏で下向きに推移している。
ボトムサイクル分析は、本日で20本目を形成しており、平均ボトムサイクルを考慮すると、下降波を形成する時間帯に絡んでいる。
目先は11月5日高値をトップに下降波を形成する可能性が高まる。
また週足ベースで考察すると、実線が200日EMAが抵抗として機能していることも下落を暗示するカタチと言えよう。

東京原油は前日比710円安の38050円近辺で推移している。
実線は一時39190円まで上昇する場面もあったが、その後は売り優勢の展開が活発となり、上ヒゲ陰線を形成して前日の始値や一目均衡表の雲、5日EMAを下抜けてきた。
MACDはプラス圏で推移し、ストキャスティクスは中段保ち合い圏で推移している。
ボトムサイクル分析では、本日で4本目を形成しており、日柄が浅いことから上下どちらにも変動する可能性がある。
実線が1月29日高値を一時上抜けたものの、その後の下落で一目均衡表の雲や5日EMAを下抜けていることから下落リスクが高まりつつある。
ただ、週足ベースで考慮すると、新しいサイクルが始まったばかりのため、上昇波を継続する可能性が高いため、日足チャートで各移動平均線を維持できるか注目される。

東京ゴムは前日比1.1円高の179.5円近辺で推移している。
実線は買い優勢の展開が続いており、前日の上ヒゲの中で推移している。
MACDはプラス圏で上昇継続となり、ストキャスティクスは買われ過ぎ圏で指数密集圏を形成している。
ボトムサイクル分析では、本日で23本目を形成しており、平均ボトムサイクルを考慮すると、下降波形成の時間帯に絡んでいる。
目先は200日EMAをサポートに前日の高値を上抜けることができるか注目される。その場合、下降波の時間帯は短く、週足ベースでの上昇波継続となりそうだ。



<公式ブログ>
"VICTORY"Guidepost of the investment strategy
https://ameblo.jp/guidepost-to-victory/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。