投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ8件目 / 全5035件次へ »
ブログ

米国株は対中関税一部先送りで大幅反発

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月14日 水曜日

米国株について
ダウ平均は372ドル高の26279ドル。
対中追加関税で一部の品目が延期されると伝わり、取引開始から暴騰。1時間後には、高値となる519ドル高の26426ドルまで買われるところがありました。その後、100ドルほど上げ幅を縮小させた26300ドル付近で長く揉み合いますが、最後にまとまった売りが出ると更に100ドルほど上げ幅縮小。372ドル高で取引を終了しました。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.44%高(372ドル高)、ナスダックは1.95%高、S&P500指数は1.48%高。3指数が揃って大幅反発。

〇S&P500指数セクター別動向
11セクター全てが上昇しています。
上昇率の高い順
情報技術、一般消費財、通信、ヘルスケア、金融、生活必需品、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、 2銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 4.23%高、インテル 2.72%高、ダウ 2.54%高、ユナイテッドヘルス 2.48%高、シスコシステムズ 2.29%高

下落率の高い順
ファイザー 0.54%安、ボーイング 0.02%安

〇対中追加関税で一部の品目が延期
対象になるのは、携帯電話、ノートパソコン、ビデオゲーム機、靴、衣類など
これが大きな買い材料となり、取引開始から1時間後には500ドルを超える上げ幅になりました。これだけ騰がるとさすがに上値重くなりましたが、372ドル高と大幅に反発。他、ナスダックとS&P500指数も大幅に反発。

米中貿易問題は、一部の品目に対する追加関税延期だけで解決するものではありませんが、大きく売られていただけに買い戻すキッカケになったのではないかと。

〇VIX指数(恐怖指数)が急落
17%低下して17.5になりました。
前日の大幅安で急騰していましたが、本日の大幅反発で急落。
投資家の恐怖感も和らいでいます。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。