投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ136件目 / 全5158件次へ »
ブログ

対中関税第4弾発動表明で米国株は大幅安

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月2日 金曜日

米国株について
ダウ平均は280ドル安の26583ドル。
お昼頃には316ドル高となり、前日の下げ幅をほぼ取り返す展開になりますが、トランプ大統領が対中関税第4弾の発動を表明すると株価は暴落。280ドル安になりました。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.05%安(280ドル安)、ナスダックは0.79%安、S&P500指数は0.90%安。3指数揃って大幅安。

〇S&P500指数セクター別動向
上昇率の高い順
公益、不動産、ヘルスケア

下落率の高い順
金融、エネルギー、資本財、一般消費財、素材、情報技術、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
7銘柄が上昇、 23銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
IBM 1.40%高、マイクロソフト 1.31%高、メルク 0.84%高、ビザ 0.66%高、マクドナルド 0.25%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 3.87%安、キャタピラー 3.71%安、ナイキ 3.38%安、ダウ 3.28%安、JPモルガン・チェース 2.64%安

〇経済指標
7月のISM製造業景気指数は51.2になりました。
6月の51.7から低下、市場予想も下回っています。

〇対中関税第4弾
トランプ大統領は、関税の対象になっていない中国からの輸入品3000億ドル(およそ32兆2300億円)に10%の関税を課すと発表。

先日の閣僚級協議では、関税の一部適用除外および交渉を継続することで合意。協議は空振りに終わった印象でしたが、次は9月にワシントンで開催されることもあり、米中貿易問題に対して楽観的とは言えませんが落ち着いている状況でした。

そんな時に対中関税が表明され、嫌気する大口売りが連発。高値から600ドル超も暴落しています。

〇米中貿易問題再燃で警戒感高まる

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。