投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ152件目 / 全5172件次へ »
ブログ

米国株は長期利下げ期待後退で大幅安、但し一時的な・・・

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月1日 木曜日

米国株について
ダウ平均は333ドル安の26864ドル。
好決算のアップルがダウ平均を押し上げ、取引開始から間もなく83ドル高まで買われるところがありました。その後は上げ幅縮小。FOMC声明を控えて前日値付近で全く動かない状態でしたが、声明後のパウエル議長が長期利下げを否定したことで売りが膨らみ、479ドル安まで売られました。その後は買い戻されるも27000ドルが上値抵抗となり、333ドル安の26864ドルで取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.23%安(333ドル安)、ナスダックは1.19%安、S&P500指数は1.09%安。3指数揃って大幅安になりました。

〇S&P500指数セクター別動向
上昇したセクターは無し。11セクター全てが下落しています。

下落率の高い順
生活必需品、素材、情報技術、一般消費財、通信、資本財、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 2.04%高、JPモルガン・チェース 0.35%高、ファイザー 0.13%高、ダウ 0.08%高

下落率の高い順
マイクロソフト 2.91%安、ベライゾン 2.40%安、ユナイテッドヘルス 2.32%安、インテル 2.22%安、コカ・コーラ 2.03%安

〇米中貿易協議は1日で終了
閣僚級協議では、関税の一部適用除外や交渉を継続することで合意。2日間の予定が1日に短縮され、早々に終了。今回の協議は空振りに終わった印象。次は、9月にワシントンで開催される予定です。

〇経済指標
・7月のADP雇用統計は、前月比15万6000人増になりました。
6月の11万2000人増(改定値)から増加、市場予想も上回っています。

・7月のシカゴ購買部協会景気指数は、44.4になりました。
6月の49.7から低下、市場予想も下回っています。

〇アップルが買われるも上げ幅縮小
好決算のアップルが買われ、2.04%高になりました。ダウ構成銘柄で上昇率トップ、2位のJPモルガンチェースは0.35%高。

取引開始直後の高値では6%の上昇になりますが、その後は上げ幅縮小。長期利下げを否定したパウエル議長の発言で売りが膨らむと更に上げ幅縮小させました。

〇長期利下げ否定で大幅安
FOMCでは、0.25%の利下げとなり市場予想通りになりました。
声明後の反応は限られましたが、パウエル議長が長期利下げを否定すると一気に売りが膨らみ、僅か30分足らずで400ドルを超える下げになりました(安値で479ドル安)。

〇AIとロスカット

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。