投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ40件目 / 全4994件次へ »
ブログ

米中首脳会談決定で世界同時株高

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月19日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は361円高の21333円になりました。
来週に開催される大阪でのG20で米中首脳会談が決定。これを受けて欧米株が大幅高となり、日本株にも大きな買い材料となりました。21300円まで急騰すると動きは止まり、高値揉み合いのまま取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆365億円、出来高は11億6763万株。
値上がり銘柄数は1910、値下がり銘柄数は187、変わらずは47銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
下げた業種はありません。33業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
繊維、証券・商品先物、石油・石炭、非鉄金属、機械、電気機器、パルプ・紙、ガラス・土石、卸売、金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は213、値下がり銘柄数は10、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
野村HD 10.54%高、住友金属鉱山 5.88%高、出光興産 5.66%高、太陽誘電 5.64%高、国際石油開発帝石 5.63%高

下落率の高い順
ニチレイ 1.10%安、オリンパス 0.99%安、富士通 0.84%安、コナミHD 0.79%安、新生銀行 0.37%安

〇米中首脳会談決定が大きな買い材料に
来週、大阪で開かれるG20で協議すると伝わり、貿易問題解決への期待から欧米株が大幅高に。
日本株にも大きな買い材料となりました。

〇主力の外需関連株が相場をけん引
米国株では、米中首脳会談決定という外部環境の好転を受けて外需関連株が軒並み大幅高。日本株も同じように、外需関連株が相場をけん引しました。

一方で、米国株ではディフェンシブ性の高い銘柄が売られ、日本株も同じく内需関連株が見送られています。33業種全て上昇していますが、内需関連の上げ幅は控えめでした。

〇半導体祭り
米国株では半導体関連株が軒並み暴騰。
これを受けて、日本の半導体関連株も大きく上昇しました。

〇機械株も上昇
米国株では建設機械大手のキャタピラーが大きく上昇。
中国での売上比率が高い銘柄でもあり、米中首脳会談を好感する買いも入っていました。
これを受けて、日本の機械株も買われています。

〇大幅高で下値不安後退
6月上旬に短期急騰で戻した後、日柄調整が続いていました。前日は21000円を割り込みましたが、なんとか揉み合い継続。

----- 前日に書いていた内容です -----
短期急騰後、21000円を下値としながら日柄調整が続いてきました。
本日、20972円となり21000円を下抜けましたが、この程度ならまだ大丈夫。21000円が下値抵抗になっていると思われます。

但し、明日の米国株が大きく下げるようだと(米国株の下落は日本株にマイナス)、21000円を完全に下抜けるかもしれません。この場合、下値抵抗の21000円が逆に上値抵抗となりますので、これを嫌気した見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。

米国株が大きく騰がれば(米国株の上昇は日本株にプラス)、21000円をしっかり回復して日柄調整継続の可能性が高くなると考えています。
----- ここまで -----

21000円を完全に下抜ければ「揉み合い下放れ」となり、下げに拍車をかける可能性もありましたが、欧米株の大幅高で懸念は払拭。下値不安後退から買いが膨らみ、窓を空ける急騰で寄り付きました。

〇買い一巡後は揉み合いに

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。