投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ84件目 / 全4908件次へ »
ブログ

米国株はFOMC後の上昇から一転して大幅安

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

3月25日 月曜日

米国株について
米国株は460ドル安の25502ドル。
前日の強さから一転、午前中は右肩下がり。午後に一旦下げ幅を縮小させるも、引けにかけて再び売られてしまい、ほぼ安値引け。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.77%安(460ドル安)、ナスダックは2.50%安、S&P500指数は1.90%安。3指数が揃って大幅安。

〇S&P500指数業種別動向
公益のみ上昇、他10業種が下落しました。
下落率の高い順
素材、金融、エネルギー、情報技術、資本財、一般消費財
6業種全てが2%を超える大幅安。

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ベライゾン 2.52%高、コカ・コーラ 0.92%高、トラベラーズ 0.39%高、マクドナルド 0.24%高

下落率の高い順
ナイキ 6.61%安、ダウ・デュポン 3.58%安、キャタピラー 3.20%安、JPモルガン・チェース 3.02%安、ゴールドマン・サックス 2.89%安

〇再び26000ドルで利益確定
前週に書いていた内容です。
----- ここから -----
2月下旬に26000ドル付近で揉み合った後、下放れして25250ドルまで売られました。この為、「また売られるのではないか」という警戒感は増えてくるはず。更に、利益確定売りも出てきそう。一方で、値幅調整した後の上昇なので売り圧力は低下(値幅調整で売りを吸収)しているはず。需給面で強弱入り混じる為、目先の予想は難しそうです。
----- ここまで -----

その後、FOMCで年内の利上げ回数を2回からゼロに。保有資産の縮小は5月末から9月末と示されたことで、FOMC当日は下落するも翌日は大きく上昇していました。FOMC効果(買い)は続いていましたが、前週に書いていた懸念が現実となり2度目の調整へ。

〇AIによる影響が大きかった
似たような知能、プログラムが多い為、上下どちらかへ大きく動き始めると加速するのが最近の相場。

〇VIX指数が急上昇
恐怖指数とも呼ばれるVIX指数が20%も急上昇。
これだけ激しい値動きになれば、投資家心理も大きく乱れがち。

〇驚きはありません

続きは「素人投資家の株日記」で ↓

http://3masa.blog76.fc2.com/

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。