投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ103件目 / 全4908件次へ »
ブログ

値上がり上位から分かる警戒感、静かなる上昇も気になるところ

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

3月11日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、前日比99円高の21125円になりました。
米国株の戻しをキッカケに押し目買いが先行するも、10時頃には安値となる87円安まで売られるところがありました。その後は再び買い戻されて44円高の21069円で前引け。後場は21100円付近で動かないまま、99円高の21125円で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8418億円、出来高は10億4596万株。
値上がり銘柄数は1335、値下がり銘柄数は730、変わらずは69銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
電気・ガス、パルプ・紙、不動産、水産・農林、非鉄金属

下落率の高い順
海運、鉱業、精密機器、証券商品先物、サービス

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は168、値下がり銘柄数は50、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
日立製作所 5.61%高、中部電力 4.20%高、東京電力 3.78%高、関西電力 3.48%高、日立建機 3.45%高

下落率の高い順
川崎汽船 3.70%安、千代田化工建設 2.76%安、オリンパス 1.90%安、太陽誘電 1.81%安、商船三井 1.51%安

〇米国株の戻しは好感されも、先行き不透明感あり
米雇用統計は大幅に悪化するも、ダウ平均は221ドル安あっての0.09%安(22ドル安)、ナスダックは0.18%安、S&P500指数は0.21%安。3指数揃って僅かな下落。

ダウ平均の戻しは押し目買いを誘うはずですが、米国株の項で書いています通り先行き不透明感あり。再び大幅安となれば日本株への大きな売り材料になりますので、戻りを好感する買いは限定的になると考えていました。

〇欧州株による影響は限定的かも
ドイツ(DAX)0.52%安、フランス(CAC)0.70%安、イギリス(FTSE)0.74%安。3市場揃って下げていますが、米国株の戻しは織込んでいない為、日本株への売り圧力は限定的になると考えていました。

〇円高警戒感
1ドル111円の攻防になっていたので、円高警戒感は株売り材料になると考えていました。

〇押し目買いを誘う3つの要素
・4営業日で800円ほど下落。前週末は430円安。
短期で大きく下げると押し目買いが入り易い。

・大きな節目となる21000円まであと25円(前週金曜日の安値では20993円)
大きな節目は転換点になり易い。節目が上にある時は利益確定、下にある時は押し目買い。

・2月18日に空けた窓を埋めた
前週末の下落で窓を埋めました。
窓埋めは転換点になり易い。窓が上にある時は利益確定、下にある時は押し目買い。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。