ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ66件目 / 全216件次へ »
ブログ

不器用自覚で、練習量カバー

2018.11.09

「練習で勝てる奴が、本番で勝てるとは限らない。だが、練習で勝てない奴が、本番では勝てない」
 と、とあるスポーツ記者が、酒の席で、ぽろっと言ったんだよね。
 あっちのトレードは、おもいっくそ、これにあたる。

 あっちは、おまえ相当ヒマだろう? って程度にはバーチャルトレードをやってる。
 はっきりとわかるのは、練習ほど本番では勝てないってことと、練習で、何も考えなくてもエントリーできるルールにまで自分のなかに落とし込んでいないと、本番では躊躇したり不安になったりする確率がドカ上がりして、飛ぶ奴に限ってスルーしてしまい、勝ち額の平均値がダダ下がりするってことだ。

 トレードをやっていると、あとからみたら、ここは入るだろうってポイントでも、その時には見えてないとか、何らかの条件が重なって入れなかったとか、色々でてくる。
 常日頃から練習やってっと、割と、雑念にやられずに、入るべき所で入れる。
 なんかもう、体でトレどるって感じだ。

 器用な奴はいいのだ。器用に相場にのっていけるんだから。
 あっちみたいに、アタマかたいですぅ、器用さの持ち合わせがねぇですぅってタイプは、器用さで勝負することができない。
 器用さがなければ、練習量でカバーするしか無いし、器用さが無くても、練習量でカバーできる。

 で、いっつも思うのだ。
 トレードってやつは、練習で勝てるところまでもってこれたら、本番でも勝てるって。
 同じルールで千回程度バーチャルをやってみりゃ、かなりイイ線いった勝率がでる。そっからちょこっと少なめにみておけば、マジでイイ線いった勝率が出る。
 勝率とリスクリワード比率が出せたら、ルールとして使えるのか、使えないのなら、何かもう一つ二つ条件を足してみたら使えるようにならないか、またバーチャルかけりゃいいのだ。
 イイ線っていうのは、実践でもその数値近辺の数値が出る、実践で参考にできる数字ってことだ。

 バーチャルやるってことは、かなりの量のチャートを見るってことだ。
 少々のアーパー程度では、一日一時間一年やって、何も見つからないってことはない。たいてい何かしら、自分にとっての重大な発見がある。
 あっちは、この、「自分にとっての重大な発見」っていうやつに、導かれてトレードってるのだ。

 英会話を勉強している人がよく、ある日突然、スコーンと聞き取れるようになるって言う。そしてまたテロテロテロテロと横に進み、またあるとき突然、スコーンと聞こえるようになるという。
 たぶんそれに近い感覚だと思う。

 うちの師匠は言っている
 「才能より、労力。労力より、玉」
 「労力より玉」を使いこなすのは、経験が必用だったし時期も重要だ。損切りができない段階でコレをやったって死ぬだけだ。その点、才能より労力は、たった今、この瞬間から使える。  

 あっちは、すぐに使えるもんが好きですだ。

 
 
 


2件のコメントがあります
  • イメージ
    tiko001さん
    2018/11/26 16:39
    ゆいがさん

    今日は。
     さて、読みでのあるブログ、ありがとうございます。
    ゆいがさんは、真面目の勤勉タイプと思います。
    受験勉強と違って、株価チャートの勉強は、難しいですね。
    ゆいがさんの爪の赤を煎じて、見習いたい気分です。



  • イメージ
    ゆいがさん
    2018/11/28 08:17
     一門のなかで、「労力だけ」で成り上がったと評価されています^0^。

     株価チャートの勉強が難しいと思われているようですが、前提を難しくしていたときの私が、まさにその状態でした。
     わたしがその状態を抜けたこつみたいなものは、相場様は、行きたい方向に行かれるので「こういう形になったら、他の形より少しだけ、飛ぶ確率が高い」だけで、飛ぶとは限らないというのが本当だと思ったことです。
     ほんのすこしだけ順行する可能性が高いだけ、その程度だと思うと、受験勉強よりは楽になったんですよね。
     私の場合は、

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。